格安航空会社の有効活用

格安航空会社のメリット・デメリット

格安航空券は、非常に安く海外にいけるということで人気が高くなってきているようです。
中には数百円で飛行機に乗れるということで、知っておいて損はしないものでしょう。
最近日本でも格安航空会社というものが一般的になって来ました。
LCCというものです。
これは日本に最近参入してきた事業ですが、海外では多く利用されていて、その市場も活発になっています。


日本には情報も少ないですし、利用する機会もないかもしれませんが、メリット・デメリットを知っておきましょう。
格安航空会社を利用するメリットは、とにかく安いということです。
これ以外に大きなメリットがないのも事実です。
デメリットは大手航空会社と比較すると非常に多いといえるでしょう。
機内のサービスを簡略化することによって費用を抑えているので、サービスに不満を持つかもしれません。
また、荷物を預けることができる重さも決まっているので、重い荷物を持ち込んだ場合追加料金を取られます。
場合によっては普通の航空会社を利用したほうがお得になることもあるでしょう。
時間の融通がきかないことがあります。
そのため自分の利用したい時間に利用できるとも限りません。
また、遅延が多く発生するので、スケジュールの調整が難しいこともあります。

 

格安航空券は安い以外にメリットのないものが多いですが、それでも安く旅行することができると人気になっています。
安さ以外に譲れない部分があるようなら、大手航空会社を利用しましょう。

 

料金の安い航空券を利用する

格安で旅行をしたいという人は、様々な工夫で料金の安い航空券を利用する必要があります。
みなさんは以遠権というものを知っているでしょうか。
これは航空会社が行き先である相手国の先にある国でも営業ができる権利のことです。
一般的にはおまけ路線などと考えておいていいでしょう。
このおまけ路線がじつは安い価格で利用できるのです。
エミレーツ航空にはバンコクからドバイまでの運行があります。
このおまけ路線として香港からバンコクの間を運行しています。
このおまけ路線を利用することで、安くて快適な旅をすることができるでしょう。
フライト時間が短いという欠点もありますが、格安でファーストクラスに乗りたいという人は是非利用してみましょう。

 

LCCを利用する際には往復で購入する必要はありません。
日本の一般的な大手航空会社や鉄道などは往復で購入すると格安で購入することができます。
その感覚でLCCでも往復航空券を購入する人がいるのですが、これでは安くなりません。
LCCは往路と復路を分けで購入したほうが安く済むことが多いです。
特に現地の通貨が安い場合にはお得になることが多いでしょう。
現在は円安なので若干不利になりますが、それでも利用する勝ちはあるでしょう。

 

このように格安で航空券を購入する方法はたくさんあります。
ネットでも購入することができます。ANA最安値格安航空券センターなどが有名でしょう。
それらを組み合わせることによってかなり得をすることができるでしょう。
安く旅行をしたいという場合にはぜひ検討してみてください。